沿革

1979年 軟質材の自動積載装置開発。
1980年 新東工業(株)と熱風キュポラについての技術提携。
1981年 漁撈機器の製作に着手。
西独VFG社と分割送風キュポラの創業技術を提携。
1984年 多目的スタッカー開発。
ダクタイル鋳鉄用堰折機開発。
1985年 N/Cスリッター開発。
1986年 キュポラ用原材料全自動供給装置開発。
旋盤用N/Cローダー開発。
1987年 電気炉用合鉄自動供給装置開発。
N/Cポジショナー開発。
直交型ロボット開発。
オートシャー、オートカッター開発。
1989年 設計用CADシステム導入。
アルミ建材用N/Cボーリングマシン開発。
新事務所完成。
1990年 新工場完成並びに別棟改装。
生産体制拡充を計る。
1992年 ロボットインテグレーター事業を強化。
1993年 ダイキャストマシン周辺全自動システム開発。
1994年 ロボットに依る溶接自動化ライン開発。
1995年 通産省PL三次元応力負荷装置を開発納入。
まぐろ延縄漁におけるドラッグ機能付巻揚機「パワーローラー」開発。
1996年 ロボットに依るアルミ鋳造部品のタップネジ穴自動検査装置を開発。
1997年 ダイキャストマシン用スプレーロボットシステム開発。
ファウンドリー部門を強化。
1999年 注湯流接種装置開発。
2000年 液晶ガラス基板搬送システムの開発。
2001年 遠心鋳造設備を開発。
2004年 液晶ガラス基板用フィルムリムーバー開発。
省エネ真空補器 i-ジョイント開発。
2005年 清地新工場完成。
G7.5ガラス基板クレート式,平置式梱包装置開発。
2006年 液晶モジュール点灯検査装置開発。
ロボットアカデミー開設。
液晶ガラス基板エアー浮上搬送システム開発。
2007年 液晶セル基板開梱、梱包装置開発。
G8ガラス基板クレート式開梱装置開発。
2008年 ロボットバリ取り分野を強化。
G8ガラス基板平置式開梱装置開発。
2009年10月 自動リフマグクレーン式 材料供給装置開発
2011年01月 タイ国アマタナコン工業団地に新会社設立。
Sanmei Mechanical(Thailand)co,.ltd.
2011年11月 デンマーク製Universal Robotの認定パートナーとして
日本で初めてUniversal Robotの販売、システムアップを開始
2012年07月 外部軸式 注湯ロボットハンド開発
2013年04月 三次元メディアと提携し、三次元ピッキングシステムへの取り組み開始
2013年09月 タイ ロボットアカデミー開校。
ロボットシステムインテグレーターの人材を育成
2014年07月 ノロ取り装置開発
2014年09月 新型堰折装置開発
2015年07月 注湯ロットハンド開発
省エネ型多関節ロボ開発−独自変換機構で小型化
2015年07月 中国上海ダイカスト展示会 初出展
2016年02月 メキシコ アフターサービス強化
兼松KGKに業務委託
2016年10月 MUJINと提携し、3Dランダムピッキングシステムへの取り組み強化
2017年01月 中国蘇州に新会社設立
蘇州賛明自動化科技有限公司

お気軽にお問い合わせください。054-366-0088受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら